お仙 BookLive 口コミ 評判 試し読み

BookLive「ブックライブ」のお仙無料試し読み


▼第1話/首の男〔エスキモー編〕▼第2話/羊飼いトリア〔インド編〕▼第3話/山女魚(やまめ)(聴耳草紙より)▼第4話/馬婿〔日本編〕▼第5話/狼石(聴耳草紙より)▼第6話/お仙〔日本編〕▼第7話/赤沼〔日本編〕●あらすじ/あるところに漁師の兄弟がいた。二人は仲が良く、いつも協力し、お互いを尊重しあいながら暮らしていた。だがある時、近所に住む「お仙」という美しい女性に出会った二人は、ともに心奪われてしまう。嫉妬と疑心暗鬼から、いがみあうようになってしまった彼らは、遂に船の上でケンカを始め、襲ってきた嵐に飲まれてしまった。幸い二人は命を落とすことはなく、浜に打ち上げられるが、そこで自分たちの愚かさに気づく。とはいえ、お仙のことは諦めきれない。二人は思い悩んだあげく、許されざる行動を起こしてしまう…(第6話)。●本巻の特徴/数々の力作を生んできた『神話伝説シリーズ』の最終巻。男女の愛と兄弟愛の葛藤を描いた表題作「お仙」をはじめ、「山女魚」「馬婿」など、日本の民間説話に素材やアイディアを求めた5編と、外国の神話伝説をもとにした「首の男」「羊飼いトリア」の2編を収録している。初出は「首の男」「羊飼いトリア」「山女魚」1979年、「馬婿」「狼石」「お仙」「赤沼」1980年。なお引用されている「聴耳草紙」というのは、東北・遠野出身の民族学者・佐々木喜善が、自分の故郷に伝承されている伝説を採集した記録である。●その他のデータ/巻末に、国際日本文化研究センター教授・小松和彦氏によるエッセイ「常民の心性への接近」を収録。
続きはコチラ



お仙無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


お仙詳細はコチラから



お仙


>>>お仙の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」お仙の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するお仙を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はお仙を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してお仙を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」お仙の購入価格は税込で「648円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




物語の世界に入り込むというのは、リフレッシュに物凄く役立ちます。小難しいテーマよりも、明快な無料アニメ動画などの方が間違いなく実効性があります。
連載中の漫画などはまとめて買う必要があるため、先ず初めに無料漫画で読んでチェックするという人が目立ちます。やっぱり何も情報がない状態で漫画の購入を決断するというのは無理があるということでしょう。
毎月の本代は、1冊のみの料金で見れば安いですが、たくさん購入してしまうと、毎月の料金は膨らんでしまいます。読み放題を利用するようにすれば月額の利用料金が定額なので、出費を節約できます。
一纏めに無料コミックと言っても、取り揃えられているカテゴリーは非常に多岐に亘っています。少年向けからアダルトチックなものまでありますから、あなたが読みたいと思う漫画をきっと探し当てることができると思います。
移動中などの少しの隙間時間に、無料漫画に目を通して面白そうな漫画を探し出してさえおけば、後日たっぷり時間がある時にダウンロードして続きを楽しむことが可能です。





お仙情報概要

                    
作品名 お仙
お仙ジャンル 本・雑誌・コミック
お仙詳細 お仙(コチラクリック)
お仙価格(税込) 648円
獲得Tポイント お仙(コチラクリック)


ページの先頭へ