野牛の歌 BookLive 口コミ 評判 試し読み

BookLive「ブックライブ」の野牛の歌無料試し読み


▼第1話/イオ -変身-▼第2話/野牛の歌〔アメリカ編〕▼第3話/大熊の星〔インディアン編〕▼第4話/犬の島 セドナI 〔インディアン編〕▼第5話/犬の島 セドナII〔エスキモー編〕●あらすじ/ある日、一人の男が狩りに出かけた。その途中、泥沼にはまりこみ抜け出せなくなっていた野牛を見かけた彼は、必死の努力で野牛を助ける。それから何年か後。男の住む村に「父さんを探しに来た」という不思議な少年が現れた。少年が言うには、自分の父は、かつて野牛を助けたその男だという。そして、母のもとに案内するという少年に連れられた男の前に現れたのは、一頭の野牛だった…(第2話)。●本巻の特徴/表題作「野牛の歌」をはじめ、北米先住民の神話・伝承を基に描かれた「大熊の星〔インディアン編〕」、「犬の島 セドナI 〔インディアン編〕」、「犬の島 セドナII〔エスキモー編〕」、そしてギリシャ神話を下敷きにした「イオ -変身-」を収録。「大熊の星」では星座のいわれが、「犬の島 セドナI 」、「犬の島 セドナII」では、海に面した土地で生きてきた先住民たちの伝承が語られている。初出は「イオ-変身-」1975年7月、「野牛の歌」1976年4月、「大熊の星」1976年5月、「犬の島セドナI 」1979年2月、「犬の島 セドナII」1979年3月。●その他のデータ/巻末に、拓殖大学外国語学部教授・松下直弘氏によるエッセイ『野牛の歌 神話・伝承の輝き』を収録。
続きはコチラ



野牛の歌無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


野牛の歌詳細はコチラから



野牛の歌


>>>野牛の歌の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」野牛の歌の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する野牛の歌を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は野牛の歌を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して野牛の歌を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」野牛の歌の購入価格は税込で「648円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「この棚に並んでいる全部の漫画が読み放題だったら良いのに・・・」という漫画好きの声をベースに、「毎月固定の金額を払えば購入の度に決済しなくてよい」という形式の電子書籍が考案されたのです。
コミックなどの書籍代金は、1冊単位での価格で見れば高くはありませんが、沢山買えば毎月の支払は大きくなります。読み放題ならば定額になるので、出費を抑えられます。
各種サービスを追い抜く形で、このように無料電子書籍という形が浸透してきている要因としましては、近所の本屋が減りつつあるということが挙げられると思います。
買いたい漫画はあれこれ販売されているけど、手に入れたとしても狭くて収納できないと困っている人もいます。そんな理由から、片づけを考慮しなくて良いBookLive「野牛の歌」の口コミ人気が高まってきているのです。
クレジットで購入する電子書籍は、知らない間に買い過ぎてしまっているということがあります。けれども読み放題というものは1ヶ月の利用料金が決まっているので、何タイトル読もうとも利用代金がすごい金額になる心配は無用です。





野牛の歌情報概要

                    
作品名 野牛の歌
野牛の歌ジャンル 本・雑誌・コミック
野牛の歌詳細 野牛の歌(コチラクリック)
野牛の歌価格(税込) 648円
獲得Tポイント 野牛の歌(コチラクリック)


ページの先頭へ