ペンテウス BookLive 口コミ 評判 試し読み

BookLive「ブックライブ」のペンテウス無料試し読み


▼「ペンテウス」▼第1話/エウロペの誘拐▼第2話/アクタエオン▼第3話/セメレ▼第4話/スパルトイの後裔▼第5話/バッコス▼第6話/キタイロンの惨劇 ▼「カイネウス」<ギリシア編>●あらすじ/神々の国・オリンポス。下界の様子を眺めていた、世界の支配者である神・ゼウスは、ポエニケの王・アゲノルの治める土地で大蛇ピュトンが暴れていることに気付いた。ゼウスは息子・ヘルメスを蜂に変身させ、下界へと送る。ヘルメスは、一匹の牛に入り込み、アゲノルの娘・エウロペを連れ去る。アゲノルは息子であり、エウロペの兄であるカドモスに探索を命じ、「見つけ出せなかったら、二度と帰ってくるな」と告げた。しかし、その旅は苦難の連続。何年か後、仲間の兵士たちをピュトンに全滅させられたカドモスは、一人でその強大な敵に立ち向かう…(第1話)。●本巻の特徴/カドモスはその後、テーバイという都を築き、子や孫に恵まれるが、末裔・ペンテウスの代に至るまで、オリンポスの神々の卑劣な策略に翻弄される…。ギリシア悲劇(エウリピデスの『バッコスの信女たち』)を下敷きにした、巨匠が描く異色のギリシア神話。また、この他に中編「カイネウス」を収録。初出は「ペンテウス」1975年、「カイネウス」1978年。●その他のデータ/巻末に、川崎市市民ミュージアム漫画担当学芸員・細萱敦氏のエッセイ「白土三平の雌伏時代 -人間を、自然を、そして神を描く試み-」を収録。
続きはコチラ



ペンテウス無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ペンテウス詳細はコチラから



ペンテウス


>>>ペンテウスの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」ペンテウスの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するペンテウスを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はペンテウスを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してペンテウスを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」ペンテウスの購入価格は税込で「648円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




お金にならない無料漫画を敢えて置くことで、サイトの閲覧者を増やし収益につなげるのが業者にとっての狙いということになりますが、一方のユーザーも試し読みができるので、メリットがあると言えます。
手に入れたい漫画はたくさん売り出されているけど、買い求めたとしても本棚に空きがないという人もいるようです。そのため、保管スペースに気を取られなくて良いBookLive「ペンテウス」の使用者数が増加してきたようです。
コミック本というのは、読みつくしたあとに古本屋などに持ち込んでも、大した金額にはなりませんし、再度読みたくなった時にスグに読めません。スマホがあれば読める無料コミックなら、場所いらずなので片付けに頭を悩ますことがありません。
あらすじが不明のまま、カバーの見た目だけで漫画を購入するのは大変です。0円で試し読みができるBookLive「ペンテウス」の場合は、一定程度中身を吟味してから購入可能です。
「比較するまでもなく選んでしまった」とおっしゃる方は、無料電子書籍はどこも一緒という感覚でいるのかもしれませんが、サービスの具体的な内容は会社によって違いますから、比較する価値は十分あります。





ペンテウス情報概要

                    
作品名 ペンテウス
ペンテウスジャンル 本・雑誌・コミック
ペンテウス詳細 ペンテウス(コチラクリック)
ペンテウス価格(税込) 648円
獲得Tポイント ペンテウス(コチラクリック)


ページの先頭へ