真田剣流(1) BookLive 口コミ 評判 試し読み

BookLive「ブックライブ」の真田剣流(1)無料試し読み


第一部・桔梗の巻▼第1話/第1章・妖術[プロローグ]▼第2話/怪人暗夜軒▼第3話/妖術(丑三)▼第4話/第2章・謎の群・真田の忍者▼第5話/謎の群▼第6話/真田剣流▼第7話/真田屋敷▼第8話/第3章・死の影・剣光▼第9話/割散▼第10話/猿風▼第11話/死の影▼第12話/第4章・密宗・風魔▼第13話/流光▼第14話/密宗▼第15話/丑の刻▼第16話/風穴▼第17話/茨木。第二部・丑三の巻(一)▼第18話/第1章・小法師▼第19話/第2章・夜鷹▼第20話/第3章・死の商人▼解説/副田義也 ●登場人物/桔梗(大和高原の一角に暮らす少女)。暗夜軒(丑三の術を操る謎の怪人)。油屋の妖蔵(油屋稼業の裏で人身売買や武器の売買も行う商人。丑三の書を狙う)。岩波乱童(桔梗の祖父。岩波流銃術の使い手)。 ●あらすじ/慶長年間、大和高原の一角の大自然の中で祖父の岩波乱童と暮らす娘・桔梗は、暗夜軒の一味に囲まれていた剣士の助けに入るが、逆に危機に陥ってしまったところを祖父に助けられる。暗夜軒は丑三の術で乱童の命を奪うといい残して消えていく。翌日から乱童の身の回りに不気味な人形が現れるようになり、乱童は高熱を発し、桔梗に一本の巻物を託して死んでしまう(第1話)。▼秘密の実験を見てしまった桔梗は、忍者に殺されかける。そこに金色の鳥が現れて桔梗を連れて飛び去っていくが、巻物を落としていってしまう。河原で意識を回復した桔梗は、巻物がないことに気づく……(第2話)。 ●その他の登場キャラクター/猿飛、霧隠、穴山小助(真田の忍者)。武蔵(剣術の修行のため放浪している。後に二刀流に開眼)。南海坊天海(家康の参謀役の怪僧。暗夜軒を操る)。服部半蔵(公儀隠密団の首領)。太郎(風魔の一族の忍者)。
続きはコチラ



真田剣流(1)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


真田剣流(1)詳細はコチラから



真田剣流(1)


>>>真田剣流(1)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」真田剣流(1)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する真田剣流(1)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は真田剣流(1)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して真田剣流(1)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」真田剣流(1)の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




全ての人に等しく与えられた時間を無駄なく過ごしたいなら、空き時間を如才なく活用すべきでしょう。アニメ動画の視聴に関しては通勤中でもできますから、この様な時間を有効に使うというふうに意識しましょう。
購入した書籍は返品は許されないので、内容を確かめてから買いたい人には、試し読みで内容が確認できる無料電子書籍はメチャクチャ重宝するでしょう。漫画も同様に中身を見て買えます。
電子書籍を購入するというのは、ネットを通じて文字などの情報をゲットするということを意味します。サービス提供企業が倒産してしまうようなことがありますと利用できなくなるのは必至なので、きちんと比較してからしっかりしたサイトをチョイスしましょう。
スマホで見ることができるBookLive「真田剣流(1)」は、外出時の荷物を軽量化するのに有効です。カバンなどの中に本をたくさん入れて持ち歩いたりしなくても、気軽にコミックを堪能することが可能なわけです。
流行のアニメ動画は若者だけのものだと思い込むのは大きな間違いです。大人が見ても楽しめるクオリティーで、重厚なメッセージ性を秘めたアニメも増えています。





真田剣流(1)情報概要

                    
作品名 真田剣流(1)
真田剣流(1)ジャンル 本・雑誌・コミック
真田剣流(1)詳細 真田剣流(1)(コチラクリック)
真田剣流(1)価格(税込) 540円
獲得Tポイント 真田剣流(1)(コチラクリック)


ページの先頭へ