大友二階崩れ BookLive 口コミ 評判 試し読み

BookLive「ブックライブ」の大友二階崩れ無料試し読み


2017年12月、第9回日経小説大賞(選考委員:辻原登、高樹のぶ子、伊集院静)を高い評価で受賞した小説「義と愛と」を改題、作品の舞台となった戦国時代の史実をタイトルにして世に問う本格歴史小説。本作は戦国時代の有名な武将の戦や権謀術数を巡る物語でもなければ、下克上の物語でもない。主家に仕える重臣たちの内面を通して熾烈な勢力争いを繰り広げる戦国大名家の生身の人間ドラマをあますところなく描ききった点で新しい。大型新人のデビュー作である。物語は、天文19年(1550年)、九州・豊後(現在の大分県)の戦国大名、大友氏に起こった政変「二階崩れの変」を、時の当主・大友義鑑の腹心、吉弘兄弟を通して描く。大友家20代当主・義鑑が愛妾の子への世継ぎのため、21歳の長子・義鎮(後にキリシタン大名として名をはせた大友宗麟)を廃嫡せんとし、重臣たちが義鑑派と義鎮派に分裂、熾烈なお家騒動へと発展する。家中での勢力争いに明け暮れる重臣の中で、一途に大友家への「義」を貫いた吉弘鑑理と、その弟で、数奇な運命で出会った姫への「愛」に生きた鑑広を主人公に、激しく移りゆく戦国の世の武将たちの生き様を迫力ある筆致で活写していく。派閥争い、裏切り、暗黙の盟約、論功行賞、誰に仕えるか……それらを「義」と「愛」を貫き、筋を通した兄弟を通して描くことで、現代の組織と人間との関係にも通じる普遍的なドラマに仕上がっている。良質なエンターテイメント作品だが、組織人が読めばビジネス小説の側面も併せ持っているだろう。
続きはコチラ



大友二階崩れ無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


大友二階崩れ詳細はコチラから



大友二階崩れ


>>>大友二階崩れの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」大友二階崩れの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する大友二階崩れを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は大友二階崩れを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して大友二階崩れを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」大友二階崩れの購入価格は税込で「1728円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




BookLive「大友二階崩れ」を読むと言うなら、スマホが一番です。パソコンは重たいので持ち歩くなんてことはできませんし、タブレットも電車内などでの閲覧には不適切だと言えるからです。
「アニメに関しましては、テレビで放映されているもののみ見ている」というのは、今となっては古すぎる話であると言えます。なぜなのか言えば、無料アニメ動画などをネットで楽しむというパターンが浸透しつつあるからです。
BookLive「大友二階崩れ」がアラフォー世代に受けが良いのは、幼少期に繰り返し読んだ作品を、再度手っ取り早く楽しむことができるからだと考えられます。
顧客数がいきなり増加してきたのが、若い人に人気のBookLive「大友二階崩れ」です。スマホを使って漫画を読むことが可能なわけですから、場所をとる漫画を持ち歩くことも不要で、手持ちの荷物の軽量化が図れます。
「通勤時間に車内でカバンから漫画を出すなんてあり得ない」という方であっても、スマホに直接漫画を保管すれば、人目を気にする必要が皆無になります。ずばり、これがBookLive「大友二階崩れ」の素晴らしいところです。





大友二階崩れ情報概要

                    
作品名 大友二階崩れ
大友二階崩れジャンル 本・雑誌・コミック
大友二階崩れ詳細 大友二階崩れ(コチラクリック)
大友二階崩れ価格(税込) 1728円
獲得Tポイント 大友二階崩れ(コチラクリック)


ページの先頭へ