Pythonによる数値計算とシミュレーション BookLive 口コミ 評判 試し読み

BookLive「ブックライブ」のPythonによる数値計算とシミュレーション無料試し読み


※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※この電子書籍は紙版書籍のページデザインで制作した固定レイアウトです。『C による数値計算とシミュレーション』のPython版登場!! 本書は、シミュレーションプログラミングの基礎と、それを支える数値計算の技術について解説します。数値計算の技術から、先端的なマルチエージェントシミュレーションの基礎までをPythonのプログラムを示しながら具体的に解説します。 アルゴリズムの原理を丁寧に説明するとともに、Pythonの便利な機能を応用する方法も随所で示すものです。まえがき第1章 Pythonにおける数値計算1.1 Pythonによる数値計算プログラムの構成1.1.1 Pythonによる数値計算プログラム1.1.2 Pythonモジュールの活用1.2 数値計算と誤差1.2.1 数値計算における誤差1.2.2 数値計算における誤差の実際1.2.3 Pythonモジュールの活用章末問題第2章 常微分方程式に基づく物理シミュレーション2.1 質点の1次元運動シミュレーション2.1.1 自由落下のシミュレーション2.1.2 着陸船のシミュレーション2.2  ポテンシャルに基づく2次元運動シミュレーション2.2.1 ポテンシャルに基づく2次元運動2.2.2 2次元運動シミュレーション2.3 Pythonモジュールの活用章末問題第3章 偏微分方程式に基づく物理シミュレーション3.1 偏微分方程式の境界値問題3.1.1 ラプラスの方程式3.1.2 ラプラスの方程式の境界値問題3.1.3 境界値問題の数値解法3.1.4 ガウスの消去法による境界値問題の計算3.1.5 逐次近似による境界値問題の計算3.1.6 その他の二階偏微分方程式3.2 ラプラスの方程式による場のシミュレーション3.2.1 ラプラスの方程式の反復解法プログラム3.2.2 より複雑な形状の領域の場合3.3 Pythonモジュールの活用章末問題第4章 セルオートマトンを使ったシミュレーション4.1 セルオートマトンの原理4.1.1 セルオートマトンとは4.1.2 セルオートマトンの計算プログラム4.2 ライフゲーム4.2.1 ライフゲームとは4.2.2 ライフゲームのプログラム4.3 交通流シミュレーション4.3.1 1次元セルオートマトンによる交通流のシミュレーション4.3.2 交通流シミュレーションのプログラム章末問題第5章 乱数を使った確率的シミュレーション5.1 擬似乱数5.1.1 乱数と擬似乱数5.1.2 乱数生成アルゴリズム5.1.3 Pythonの乱数生成モジュール5.2 乱数と数値計算5.2.1 数値積分と乱数5.2.2 乱数と最適化5.3 乱数を使ったシミュレーション5.3.1 ランダムウォーク5.3.2 ランダムウォークシミュレーション5.4 Pythonモジュールの活用章末問題第6章 エージェントベースのシミュレーション6.1 エージェントとは6.
続きはコチラ



Pythonによる数値計算とシミュレーション無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


Pythonによる数値計算とシミュレーション詳細はコチラから



Pythonによる数値計算とシミュレーション


>>>Pythonによる数値計算とシミュレーションの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」Pythonによる数値計算とシミュレーションの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するPythonによる数値計算とシミュレーションを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はPythonによる数値計算とシミュレーションを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してPythonによる数値計算とシミュレーションを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」Pythonによる数値計算とシミュレーションの購入価格は税込で「2700円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




書籍の購入費用は、1冊単位での価格で見れば安いと言えますが、沢山買えば毎月の支払は大きくなってしまいます。読み放題を利用すれば固定料金なので、出費を節約できるはずです。
放映されているものをリアルタイムで楽しむのは困難だとおっしゃる方でも、無料アニメ動画として視聴できるものなら、ご自分の空いている時間を活用して視聴することが可能なのです。
無料電子書籍をDLしておきさえすれば、どうしようもなく暇で時間が余って仕方ないなんてことがなくなるはずです。仕事の合間や電車やバスでの移動中などにおきましても、そこそこ楽しめるでしょう。
漫画雑誌を買うと、そう遠くない時期に収納しきれなくなるということが起こるでしょう。だけれど形のないBookLive「Pythonによる数値計算とシミュレーション」であれば、片付けるのに困ることは一切ないので、収納などを考えることなく読めます。
書籍の販売低迷が指摘される中、電子書籍は画期的な仕組みを展開することによって、新たな顧客を増加させつつあります。斬新な読み放題という販売方法が起爆剤になったのです。





Pythonによる数値計算とシミュレーション情報概要

                    
作品名 Pythonによる数値計算とシミュレーション
Pythonによる数値計算とシミュレーションジャンル 本・雑誌・コミック
Pythonによる数値計算とシミュレーション詳細 Pythonによる数値計算とシミュレーション(コチラクリック)
Pythonによる数値計算とシミュレーション価格(税込) 2700円
獲得Tポイント Pythonによる数値計算とシミュレーション(コチラクリック)


ページの先頭へ