『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕 BookLive 口コミ 評判 試し読み

BookLive「ブックライブ」の『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕無料試し読み


恐怖の「文春砲」と「新潮砲」!! なぜ、この両誌は世間を揺るがし続けることができるのか? 「天下御免」の告発メディアの全貌が初めて明らかに――。競い合うように数々のスクープを連発し、権力に挑み、大物のクビを飛ばし、事件の真相を追い、人間の真実を描いてきた『週刊文春』と『週刊新潮』。両誌の黄金期に活躍し、歴史と内部事情を知り尽くした巨頭OBの二人(元『週刊文春』編集長と元『週刊新潮』副部長)が、週刊誌メディア「誕生の秘密」から、数々の衝撃スクープ史の「舞台裏」、そして「新聞ジャーナリズムの堕落」、「週刊誌の未来の可能性」まで、すべてを語り尽す! ●週刊誌メディアは、なぜ「これほどの力」があるのか? ●そもそも週刊誌というメディアは、「いかにつくられた」のか? ●スクープをものにすべく「記者たちはどう動く」のか? ●「権力」や「タブー」といかに闘うか? ●新聞メディアの「驚愕の劣化」とは? ●週刊誌が描いた数々の「衝撃事件の裏側」の人間模様とは? ●そして、これから「メディアはどうなる」のか? 【目次】●第1章 『週刊文春』と『週刊新潮』のつくり方──そのウラ側を徹底暴露 ●第2章 ファクトを歪める新聞vs圧力と闘う週刊誌──現代日本のメディア構造 ●第3章 タブーに挑み、偽善に斬り込む──編集者の動機と本音 ●第4章 日本を震撼させた週刊誌の衝撃スクープ──その全内幕 ●第5章 週刊誌に未来はあるか──新たな時代のジャーナリズムの可能性
続きはコチラ



『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕詳細はコチラから



『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕


>>>『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕の購入価格は税込で「749円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




多岐にわたる書籍をむさぼり読みたい人にとって、次から次に買うのはお財布への負担が大きいものだと思います。ですが読み放題を活用すれば、書籍に要する料金を節約することが可能です。
昨今、電子書籍業界では従来にない斬新な「読み放題」というプランが登場し話題となっています。1冊ごとにいくらというのではなく、月毎にいくらという料金徴収方法を採用しているのです。
読み放題という形は、電子書籍業界からしたらさながら斬新的な取り組みです。購入者にとっても出版社側にとっても、良い面が多いと言うことができます。
スマホを利用しているなら、BookLive「『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕」をすぐに読むことができます。ベッドでくつろぎながら、目を閉じて眠るまでのリラックスタイムに読むという人が増えています。
月額が決まっているサイト、登録の要らないサイト、1巻ずつ購読するサイト、無料で読める作品が数多くあるサイトなど、コミックサイトも何かと異なるところがあるため、比較していただきたいですね。





『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕情報概要

                    
作品名 『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕
『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕ジャンル 本・雑誌・コミック
『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕詳細 『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕(コチラクリック)
『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕価格(税込) 749円
獲得Tポイント 『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕(コチラクリック)


ページの先頭へ