「超」怖い話 戌(いぬ) BookLive 口コミ 評判 試し読み

BookLive「ブックライブ」の「超」怖い話 戌(いぬ)無料試し読み


喰らいつくせ。骨までしゃぶれ。これが実話の、恐怖の味だ! 現実から削り取った唯一無二の実話怪談、人気の干支シリーズ最新作! 山の〈護り木〉に自分と友人の名を彫った少女。その後少女は自殺し、遺された友人は…二部作「隠」「行」、開店まもない料理店に届いた謎のダンボール、異臭を放つその中身から不幸が始まる…「ガラ」、犬を轢き殺してしまった男に付き纏う飼い主らしき男の影、だがその男は既に死んでいて…「器物損壊」、不動産業を営むプロが直感でわかる違和感、それは…「職業的勘」他、不気味な後味を残す全28話を収録。怪――こと霊に纏わる怪は、死から生まれたと言っても過言ではない。死から生まれる業の息吹。実話怪談とは、屍から拾い上げ、なお手の中で息づく恐怖そのものなのだ。著者について【著者】○編著者加藤一(かとう はじめ)1967年静岡県生まれ。O型。獅子座。人気実話怪談シリーズ『「超」怖い話』四代目編著者として、冬版を担当。また新人発掘を目的とした実話怪談コンテスト「超-1」を企画主宰、そこから生まれた新レーベル『恐怖箱』シリーズの箱詰め職人(編者)としても活躍中。主な著作に『「忌」怖い話』、『「超」怖い話』、『「極」怖い話』シリーズ(以上、竹書房文庫刊)、『怪異伝説ダレカラキイタ』シリーズ(あかね書房)など。○共著者久田樹生 (ひさだ たつき)1972年九州生まれ。2007年より冬の「超」怖い話に参加。主な著作に『「超」怖い話 死人』『「超」怖い話 ひとり』など。渡部正和 (わたなべ まさかず)山形県出身、O型。2010年より冬の「超」怖い話に参加。主な著作に『「超」怖い話 鬼門』『「超」怖い話 鬼市』など。深澤夜(ふかさわ よる)1979年栃木県生まれ。2014年より冬の「超」怖い話に参加。2017年より夏も兼任。主な著者に『「超」怖い話 鬼胎』など。
続きはコチラ



「超」怖い話 戌(いぬ)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


「超」怖い話 戌(いぬ)詳細はコチラから



「超」怖い話 戌(いぬ)


>>>「超」怖い話 戌(いぬ)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」「超」怖い話 戌(いぬ)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する「超」怖い話 戌(いぬ)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は「超」怖い話 戌(いぬ)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して「超」怖い話 戌(いぬ)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」「超」怖い話 戌(いぬ)の購入価格は税込で「702円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




漫画をはじめとした書籍の代金は、1冊毎の額で見ればそんなに高くないですが、何冊も買えば月単位の利用料金は大きくなります。読み放題ならば定額になるため、出費を節減できるというわけです。
評価が高まっている無料コミックは、スマホさえあれば見れます。バスなどでの通勤途中、小休憩のとき、医療施設などでの順番待ちの暇な時間など、何もすることがない時間にすぐに読めるのです。
BookLive「「超」怖い話 戌(いぬ)」のサービスによっては、1巻全てのページを料金請求なしで試し読みできるというところもいくつかあります。1巻を読破して、「楽しいと思ったら、残りの巻を有料にて読んでください」という宣伝方法です。
サイドバックを持ちたくない男性陣にとりましては、スマホで無料電子書籍を楽しむことができるというのはとても便利なことです。分かりやすく言うと、ポケット内に入れて本を携帯できるというわけです。
最近はスマホ経由で楽しむことができるコンテンツも、一層多様化が進んでいます。無料アニメ動画は勿論の事、無料電子書籍やスマホで遊ぶゲームなど、色々な選択肢の中からセレクトできます。





「超」怖い話 戌(いぬ)情報概要

                    
作品名 「超」怖い話 戌(いぬ)
「超」怖い話 戌(いぬ)ジャンル 本・雑誌・コミック
「超」怖い話 戌(いぬ)詳細 「超」怖い話 戌(いぬ)(コチラクリック)
「超」怖い話 戌(いぬ)価格(税込) 702円
獲得Tポイント 「超」怖い話 戌(いぬ)(コチラクリック)


ページの先頭へ