お茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探る BookLive 口コミ 評判 試し読み

BookLive「ブックライブ」のお茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探る無料試し読み


生産量、流通量とも日本一の静岡県茶業が岐路にある。1970年代のピーク時に比べ茶畑面積は2割以上、荒茶生産量はおよそ4割も減少し、2015年、全国の荒茶生産量は50年ぶりに8万トンを割り込んだ。集散地のシンボルである静岡茶市場は15年度、茶価低迷や取引量の減少で初の最終赤字を計上した。家庭の在り方やお茶の間文化が変わり、急須で入れて飲むリーフ茶の消費は右下がりだ。一方、手軽に味わえるティーバッグやインスタント茶、抹茶ラテや抹茶アイスクリームなどの原料としての茶の需要は増えている。 厳しさを増す生産農家や製茶問屋の経営だが、バトンを受けた若手茶業者の中には、先代までの成功体験にとらわれない斬新な発想と行動力で販路開拓に挑む人材が生まれ、異業種から新たな視点で参入する若者も出てきた。 静岡新聞は「茶王国」の地元紙として、年間を通して荒茶相場や振興施策、消費動向などを「茶況」欄で報じている。14、15年の荒茶相場のかつてないほどの下落を受け、業界とともに活路を探ろうと始めたのが「挑戦 静岡茶」(14年8月~15年6月)「静岡茶 次代へ」(15年11月~17年3月)の連載である。経済部の小泉直樹記者が担当した。 取材・記事化では、茶況取材で築いた人脈を基に、あえて業界と間合いをとることで見えたことを歯に衣着せず指摘した。茶業界の課題を的確に捉え、具体的な事例を挙げて問題提起したことが、第32回農業ジャーナリスト賞奨励賞という評価につながった。
続きはコチラ



お茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探る無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


お茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探る詳細はコチラから



お茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探る


>>>お茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探るの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」お茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探るの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するお茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探るを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はお茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探るを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してお茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探るを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」お茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探るの購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




BookLive「お茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探る」のサイトで違いますが、丸々1巻全部をタダで試し読みできるというところも見られます。まずは1巻だけ読んでみて、「面白かったら、次巻以降を買い求めてください」という営業戦略です。
電子書籍の需要は、ここ1~2年特に高まりを見せています。こうした中で、特に新規顧客がじわじわ増加しているのが読み放題というプランだそうです。支払い金額を気にせず利用できるのが人気を支えています。
クレカで購入する電子書籍は、気が付いたら金額が高くなりすぎているということがあるようです。けれども読み放題でしたら1ヶ月の利用料金が決まっているので、読み過ぎても料金が跳ね上がることを心配する必要がありません。
老眼に見舞われて、近場の文字が見えにくくなってしまったという読書家の高齢者にとって、スマホ上で電子書籍を読むことができるというのは、何より嬉しいことなのです。フォントの大きさを調整すれば、劇的に読みやすくなるからです。
サービスの内容は、運営会社によって異なります。因って、電子書籍をどこで購入するのかというのは、比較しなくてはいけないということです。あっさりと決めてしまうと後悔します。





お茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探る情報概要

                    
作品名 お茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探る
お茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探るジャンル 本・雑誌・コミック
お茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探る詳細 お茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探る(コチラクリック)
お茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探る価格(税込) 540円
獲得Tポイント お茶 世界へ、次代へ 静岡茶の未来を探る(コチラクリック)


ページの先頭へ