埼玉 地名の由来を歩く BookLive 口コミ 評判 試し読み

BookLive「ブックライブ」の埼玉 地名の由来を歩く無料試し読み


◎豊かな古代史◎街道筋の繁栄◎日本5位730万人もの人が住む埼玉の謎は地名で解き明かす!◎埼玉県の難読地名検定! 詳細な写真・地図つき「古代史の彩と街道筋の繁栄」──地名から見た埼玉県の歴史と風土この「古代史の彩」と「街道筋の繁栄」の二つのコンセプトが埼玉県の歴史と風土を成していると考えるのだが、実はこの二つはどう見てもかち合っていない。言い換えれば、この二つが歴史的に結びついてこないのだ。 埼玉県は旧武蔵国の北半分を占めているのだが、現代人の意識からすれば武蔵国の中心は東京都で、埼玉県エリアはその「続き」(周縁)と思われてしまっている。(中略) 江戸・東京を中心とする歴史の見方に現代人は慣れてしまっているが、果たしてこの見方だけでよいのか。本書で明らかにしたいのは、平城京以前ではむしろ埼玉県エリアの方が武蔵国の中心地であったという歴史的事実である。(本文より)◆「春日部」と「粕壁」 どっちがルーツ?◆「岩付」「岩附」「岩築」どれが正しい?◆「高麗(高句麗)人」の軌跡を追う◆「河肥」か「河越」か?川越氏とは何者か?◆忍城の水攻めと古墳群◆秩父に「和銅」の痕跡をたどる◆藁の火を焚いた伝説から?蕨市! ◆大宮の氷川神社、盆栽村、膝子塚◆戦乱のあと寄り合った?寄居町◆美しい草加松原と松尾芭蕉◆塙保己一、渋沢栄一、荻野吟子、下総皖一、埼玉が生んだ偉人たち第1章 古代史に彩られた「彩の国」埼玉第2章 現代都市 地名の由来を探る第3章 埼玉の生んだ偉人の生地を訪ねる第4章 埼玉県 難読地名検定
続きはコチラ



埼玉 地名の由来を歩く無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


埼玉 地名の由来を歩く詳細はコチラから



埼玉 地名の由来を歩く


>>>埼玉 地名の由来を歩くの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」埼玉 地名の由来を歩くの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する埼玉 地名の由来を歩くを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は埼玉 地名の由来を歩くを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して埼玉 地名の由来を歩くを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」埼玉 地名の由来を歩くの購入価格は税込で「920円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「乗車中に漫画を持ち出すなんて絶対に無理」という方でも、スマホに丸ごと漫画を入れることができれば、人の目などを気にする必要がなくなるはずです。まさに、これがBookLive「埼玉 地名の由来を歩く」の良いところです。
漫画が趣味であることを秘密裏にしておきたいと言う人が、近年増加しているらしいです。室内には漫画を持ち帰りたくないような方でも、BookLive「埼玉 地名の由来を歩く」だったら他の人に内緒で漫画が読みたい放題です。
手軽にダウンロードしてエンジョイできるというのが、無料電子書籍の利点です。本屋まで出向く必要も、オンラインにて購入した書籍を受け取る必要も全然ないわけです。
無料電子書籍を利用すれば、手間暇かけてお店まで出掛けて行って内容を見る手間が省けます。こんなことをしなくても、無料の「試し読み」をすれば内容の確認ができるからなのです。
スマホを持っているなら、いつでも漫画の虫になることができるのが、コミックサイトの良いところです。1冊単位で買うタイプのサイトや月額課金制のサイトなど様々です。





埼玉 地名の由来を歩く情報概要

                    
作品名 埼玉 地名の由来を歩く
埼玉 地名の由来を歩くジャンル 本・雑誌・コミック
埼玉 地名の由来を歩く詳細 埼玉 地名の由来を歩く(コチラクリック)
埼玉 地名の由来を歩く価格(税込) 920円
獲得Tポイント 埼玉 地名の由来を歩く(コチラクリック)


ページの先頭へ