GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦 BookLive 口コミ 評判 試し読み

BookLive「ブックライブ」のGE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦無料試し読み


脱・ウェルチの経営改革を徹底取材! 世界最大の重電メーカー、ゼネラル・エレクトリック(GE)は金融事業の撤退に伴い、1兆9000億円にも上る特別損失を計上した。これは、「20世紀最高のCEO」とまで呼ばれたジャック・ウェルチが作り上げたコングロマリットとしてのGE、株式時価総額で常に世界1位を争ってきたGEの挫折の象徴だ。現CEOのジェフ・イメルトは、ウェルチ経営から大きく戦略を転換する。社員30万人の巨大企業でありながら、グーグルなどシリコンバレーのスタートアップを徹底的にまね、 「デジタル製造業」に姿を変えようとしている。金融中心から、「デジタル製造業」へ産業機器の販売中心から、産業機器の生産性を上げるサービスに拡大縦割りの開発体制から、ソフトウエアはデジタル部門でまとめる体制へ失敗を許さない文化から、リーンスタートアップ方式で素早く失敗する文化へ製造現場にセンサーを張り巡らせたブリリアントファクトリーへ「ナインブロック」で社員を評価する方式から、能力開発の「パフォーマンスデベロップメント」へM&Aとリストラによる成長から、自社開発サービスでの成長へ
続きはコチラ



GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦詳細はコチラから



GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦


>>>GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するGE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はGE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してGE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦の購入価格は税込で「1036円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




電子書籍のニーズは、ここ1~2年特に高くなっているのは間違いありません。そうした状況において、利用者が確実に増えているのが読み放題というサービスだと聞いています。料金の支払いを気にする必要がないのが一番の利点です。
「詳細を確認してからでないと購入に踏み切れない」と考えている人からすれば、無料漫画と言いますのはメリットだらけのサービスだと断言します。販売側からしても、新規顧客獲得が望めるというわけです。
本を買う予定なら、BookLive「GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦」を活用してある程度試し読みをするというのがセオリーです。物語のあらすじや主人公のイラストなどを、前もって見て確かめることができます。
読みたい漫画は結構あるけど、手に入れたとしても狭くて収納できないと嘆いている人も多いようです。そういう背景があるので、片づけの心配が全く不要なBookLive「GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦」の使用者数が増加してきているとのことです。
小学生時代に楽しんだ懐かしさを感じる漫画も、BookLive「GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦」という形で読むことができます。店舗販売では陳列されていないタイトルも豊富にあるのが人気の理由なのです。





GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦情報概要

                    
作品名 GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦
GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦ジャンル 本・雑誌・コミック
GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦詳細 GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦(コチラクリック)
GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦価格(税込) 1036円
獲得Tポイント GE 巨人の復活 シリコンバレー式「デジタル製造業」への挑戦(コチラクリック)


ページの先頭へ