敗者の想像力 BookLive 口コミ 評判 試し読み

BookLive「ブックライブ」の敗者の想像力無料試し読み


1945年、日本は戦争に負け、他国に占領された。それから四半世紀。私たちはこの有史以来未曽有の経験を、正面から受け止め、血肉化、思想化してきただろうか。日本の「戦後」認識にラディカルな一石を投じ、90年代の論壇を席巻したベストセラー『敗戦後論』から20年。戦争に敗れた日本が育んだ「想像力」を切り口に、敗北を礎石に据えた新たな戦後論を提示する。本書は、山口昌男、大江健三郎といった硬派な書き手から、カズオ・イシグロ、宮崎駿などの話題作までを射程に入れた、21世紀を占う画期的な論考である。【目次】まえがき/はじめに 想像力にも天地があること――小津安二郎、『敗北の文化』、カズオ・イシグロ/第一部 敗者の日本/第一章 私たちが被占領民だったころ――W・G・ゼーバルト、林達夫、朴泰遠/第二章 占領下の文学――第三の新人、曽野綾子、大江健三郎、目取真俊/第三章 ゴジラは死んで、どこに行くのか?――本多猪四郎、R・エメリッヒ、G・エドワーズ/幕間 シン・ゴジラ論(ネタバレ注意)――庵野秀明/第二部 敗者の戦後/第四章 低エントロピーと「せり下げ」――山口昌男と多田道太郎/第五章 世界の奴隷として考えること――吉本隆明と鶴見俊輔/第六章 「成長」なんて怖くない――宮崎駿と手塚治虫/第七章 大江健三郎の晩年/終わりに 『水死』のほうへ――大江健三郎と沖縄/あとがき
続きはコチラ



敗者の想像力無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


敗者の想像力詳細はコチラから



敗者の想像力


>>>敗者の想像力の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」敗者の想像力の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する敗者の想像力を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は敗者の想像力を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して敗者の想像力を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」敗者の想像力の購入価格は税込で「756円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




「画面が小さいから読みにくいのでは?」という疑問を持つ人がいることも把握していますが、実際にBookLive「敗者の想像力」を買ってスマホで読めば、その便利さに驚くはずです。
講読者数の伸び悩みが製作者の頭痛の種ですが、電子書籍は画期的な仕組みを展開することによって、新規登録者を増加させつつあります。昔ではありえなかった読み放題という形式がそれを現実化したのです。
バッグの類を持たずに出かけたい男性陣にとって、スマホで無料電子書籍に熱中できるというのは画期的なことなのです。荷物の量は変わらないのに、ポケット内に入れて本や漫画を持ち歩くことができるというわけなのです。
「電子書籍は好きじゃない」と言われる本好きな方も稀ではないようですが、一度でもスマホで電子書籍を読んでみたら、その扱いやすさや決済の楽さからリピーターになってしまう人が大半だと聞いています。
「本棚が漫画で溢れている状態で頭を痛めているので、買うのを躊躇ってしまう」とならずに済むのが、BookLive「敗者の想像力」を一押しする要因です。山のように買いまくったとしても、保管のことを考慮しなくてOKです。





敗者の想像力情報概要

                    
作品名 敗者の想像力
敗者の想像力ジャンル 本・雑誌・コミック
敗者の想像力詳細 敗者の想像力(コチラクリック)
敗者の想像力価格(税込) 756円
獲得Tポイント 敗者の想像力(コチラクリック)


ページの先頭へ