電気代は税金となった BookLive 口コミ 評判 試し読み

BookLive「ブックライブ」の電気代は税金となった無料試し読み


福島第1原発事故処理にまたも失敗した国は、3度目の新しい政策をまとめた。だが、電気料金名目で国民に負担を押しつけるばかりで、経済合理性を欠く愚策に過ぎない。電気料金は新たな税金と化す。 本書は週刊エコノミスト2017年2月7日特大号で掲載された特集「電気代は税金となった」の記事を電子書籍にしたものです。目 次:はじめに《第1部 ずさんな原発処理》・政府が繰り返す責任逃れ 際限なく増える国民負担/裏面にしか記載されない託送料・原子力事業再編というババ抜き・特殊な原発会計■原則に反する託送料上乗せ・【インタビュー】河野太郎(前消費者担当相)「福島事故処理に託送料充てる愚」・託送料の海外比較■ドイツに次いで高い日本・欧州の送配電事業■インセンティブ規制で効率化・「原発安い」は幻想■甘い見積もりの経産省試算・電力業界再編のジレンマ■シナリオ描く経産省と東電・【インタビュー】泉田裕彦(前新潟県知事)「国民負担の説明は不十分」・東芝経営危機の真相■疑われるWECの管理能力/期待外れのモジュール工法・再生可能エネルギー■低コスト化と普及拡大の好循環《第2部 原発政策の虚像》・除染に国費投入■曖昧なままの国の責任・電力債■社債市場保護には格下げ必要・不透明な廃炉費用■8兆円に根拠なし・原発保険■原発に経済合理性なし・核燃料サイクル破綻■もんじゅ廃炉と実用化計画の矛盾【執筆者】松本 惇、藤沢 壮、丸山 仁見、後藤 逸郎、金森 絵里、安田 陽、大島 堅一、武田 純次、宗 敦司、佐藤 暁、高橋 洋、除本 理史、三浦 后美、野村 宗訓、本間 照光、鈴木 達治郎【インタビュー】河野太郎、泉田裕彦
続きはコチラ



電気代は税金となった無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


電気代は税金となった詳細はコチラから



電気代は税金となった


>>>電気代は税金となったの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」電気代は税金となったの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する電気代は税金となったを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は電気代は税金となったを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して電気代は税金となったを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」電気代は税金となったの購入価格は税込で「324円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




趣味が漫画だということを隠匿しておきたいと思う人が、このところ増加しているようです。マイホームに漫画を持ち込みたくないと言われる方でも、BookLive「電気代は税金となった」の中なら人に内緒のままで漫画を読むことが可能です。
無料漫画をわざわざ読むことができるようにすることで、サイト訪問者を増やしそこから販売につなげるのが電子書籍を運営する会社にとっての狙いということになりますが、反対の立場であるユーザーも試し読みが可能なので、失敗が少なくなります。
小学生時代に沢山読んだ思い入れの強い漫画も、BookLive「電気代は税金となった」という形で読めるようになっています。一般の書店では置いていないような作品も数多くあるのが良いところだと言うわけです。
漫画を入手する際には、BookLive「電気代は税金となった」上で試し読みをすることが大切だと言えます。物語の内容や主要登場人物の風貌などを、課金前に見ておくことができます。
BookLive「電気代は税金となった」を有効活用すれば、部屋の隅っこに本棚を準備する必要はゼロになります。最新の本が出ていないかとお店に向かう手間を省くこともできます。このような面があるので、顧客数が増えているようです。





電気代は税金となった情報概要

                    
作品名 電気代は税金となった
電気代は税金となったジャンル 本・雑誌・コミック
電気代は税金となった詳細 電気代は税金となった(コチラクリック)
電気代は税金となった価格(税込) 324円
獲得Tポイント 電気代は税金となった(コチラクリック)


ページの先頭へ