ダイヤモンド(2) BookLive 口コミ 評判 試し読み

BookLive「ブックライブ」のダイヤモンド(2)無料試し読み


▼第19話/なんでこんなに楽しいんや!?▼第20話/野球ってええな●登場人物/種田恒夫(元・暴力団員。敵対する組の親分を誤って射殺し投獄されるも、何の因果か? 東京フェニックスの4番打者・童子秀巳の身代わりになることに)。聡子・ルイス・万里小路(種田を童子の身代わりに仕立て上げるため、アメリカから呼び寄せた研究者。素人をトッププレイヤーにすることで、ビジネスチャンスをつかもうとしている)。童子秀巳(泣く子も黙る人気球団、東京フェニックスの4番にして史上最年少ホームラン王。)●あらすじ/種田恒夫は、開幕戦のバッターボックスに、童子の身代わりとして代打で出場する。9回2死満塁、対するはアジア最強のストッパー、李強優。5万の観衆と数多くのプロ野球関係者を前にして、三振すれば役目は果たせるというのに打ち気満々。しかも球種さえ見定めているようなことを言い出す。そして思いきり振ったバットは、あろうことか、李の決め球・フォークを強打。打球はフェンスを直撃し、スタンドは大歓声に包まれる。(第1話)▼一方種田は、折れたバットが頭を直撃、走り出すことさえ忘れていたのだった。そのため種田はスタートが遅れた。そしてとても間に合わないと思われた2塁へ向かう。完璧に投げたはずのウィニングショットを打たれた李は怒り心頭。自ら2塁ベース上で待ち構えタッチを試みるが、それをかいくぐった種田は、その妙な気迫で? いくつものエラーを誘いながら、結局ホームまでたどりついてしまって…(第2話)●本巻の特徴/1打席限りの身代わりのはずだった種田だが、その打席での野性味あふれるプレーとその勝負強さに、そしてなにより「童子」を求める観客の声に押され、オーナー直々に再度の出場命令が下る。
続きはコチラ



ダイヤモンド(2)無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


ダイヤモンド(2)詳細はコチラから



ダイヤモンド(2)


>>>ダイヤモンド(2)の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」ダイヤモンド(2)の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入するダイヤモンド(2)を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」はダイヤモンド(2)を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用してダイヤモンド(2)を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」ダイヤモンド(2)の購入価格は税込で「540円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




競合サービスに競り勝って、こんなに無料電子書籍サービスというものが一般化していきている理由としましては、町にある書店が減少傾向にあるということが考えられます。
「比較検討しないで決定した」とおっしゃる方からしたら、無料電子書籍はどこも変わり映えしないという感覚かもしれないですが、サービスの充実度は各社違いますので、比較検証してみることは非常に大事だと断言します。
本などについては、お店で内容を確認して購入するか購入しないかを決定する人ばかりです。ところが、ここ数年はまずはBookLive「ダイヤモンド(2)」で1巻を読んでみて、その本を買うか判断する人が多いのです。
人気のタイトルも無料コミックで試し読み可能です。スマホやモバイルノートで読めるので、ヒミツにしておきたい・見られるとマズイ漫画もコソコソ楽しむことができるのです。
電子書籍の注目度は、これまで以上に高まりを見せています。こうした中で、利用者が増えているのが読み放題というサービスになります。支払料金を気にすることなく読むことができるのが一番のポイントです。





ダイヤモンド(2)情報概要

                    
作品名 ダイヤモンド(2)
ダイヤモンド(2)ジャンル 本・雑誌・コミック
ダイヤモンド(2)詳細 ダイヤモンド(2)(コチラクリック)
ダイヤモンド(2)価格(税込) 540円
獲得Tポイント ダイヤモンド(2)(コチラクリック)


ページの先頭へ