泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐 BookLive 口コミ 評判 試し読み

BookLive「ブックライブ」の泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐無料試し読み


【菊あわせ-あらすじ】親の墓も今はない故郷へ遊びに来た穂坂一車は、帰京する日の朝、「もう一度、水の姿、山の姿を見に出かけよう。」と座敷を出かかった時、女中から来客の知らせを受けた。「香山の宗参、」との名を聞き、あまりに思いがけないことに、一車は真昼に碧い星を見る気持ちで、その僧形の客を隣の上段の間へ招じた。昔の思い出話の中で、忘れていた、幼い頃の、町内の美しい娘との出来事を聞かされた一車は、突然、ぞッと、肩をすくめると、「今度は私の話をお聞き下さいまし」と語り出す。それは、数年前の旧暦九月九日、重陽の節句、菊の日に、浅草の観世音で出逢った、危なく、怪しく、そして美しい女のことであった―【小春の狐-あらすじ】村はずれ、軒から道へ出て、乱れた髪の、紺の筒袖を上っぱりにした古女房が、小さな笊に盛られた、真っ黄色な茸を覗いている。トもう一人、その笊を手にして、服装は見すぼらしく、顔も窶れているが、姿のやさしい、色の白い二十くらいの女。「そうですな、これでな、十銭下さいまし。」という売り手の若い女に、「えッと気張って。…三銭が相当や。」と、古女房は笊を引っ手繰るのと同時に、すたすたと土間へ入って行く。あれだけの茸が、たった三銭―気の毒に思いながら、私は腕組みをしてそこを離れた。「御免なさいまし。」と背後から、足音を立てず静かに来て、早くも慎ましやかに前へ通る、すり切れ草履の踵に霜。「ああ、姉さん。姉さんの言い値くらいは、お手間賃を上げます。どうかさっきの茸のありそうな所へ案内して下さい、…」私はうっとりしてそう声を掛けた。
続きはコチラ



泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐詳細はコチラから



泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐


>>>泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐の購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐の料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐を購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐を購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐を購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐の購入価格は税込で「216円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




本のネットショップでは、基本は表紙・タイトルの他、ちょっとした話の内容しか確認不可能です。だけれどBookLive「泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐」サイトの場合は、冒頭部分を試し読みで確かめることが可能です。
スマホを使えば、BookLive「泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐」を手軽に閲覧することができます。ベッドでゴロゴロしながら、寝るまでのリラックスタイムに閲覧するという人が多いと聞いています。
無料電子書籍を閲覧することにすれば、やることが無くて時間だけが過ぎ去っていくなんてことがゼロになるはずです。ランチ休憩や通勤時間などでも、それなりにエンジョイできるはずです。
移動している間などの空き時間を有効に使って、無料漫画をチョイ読みして自分に合う本を発見しておけば、土日などのたっぷり時間がある時に購読して残りを読むこともできるといわけです。
コミックサイトも様々存在します。それらのサイトをしっかり比較して、自分に合っているものを選択することが必要です。そうすれば失敗したということがなくなります。





泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐情報概要

                    
作品名 泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐
泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐ジャンル 本・雑誌・コミック
泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐詳細 泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐(コチラクリック)
泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐価格(税込) 216円
獲得Tポイント 泉鏡花 現代語訳集20 菊あわせ・小春の狐(コチラクリック)


ページの先頭へ