銀行はこれからどうなるのか BookLive 口コミ 評判 試し読み

BookLive「ブックライブ」の銀行はこれからどうなるのか無料試し読み


本書は、世界的な低金利やフィンテック(金融テクノロジー)の波にさらされる銀行の未来を、気鋭のアナリストが予測するのが趣旨である。個人的にもビジネスでも、われわれにとってこれまでつながりの深かった銀行。「規制業種で競争がない」といったイメージも根強いが、マイナス金利その他の変化に加え、次に示す「5つの困難」に直面。実は日本の銀行はいま、かつてないほど追い込まれているのだ。(1)貸出先や運用先がない(2)預金の魅力がない(3)異業種との競争環境激化(4)規制の複雑化とその管理の難しさ(5)大きすぎて変われないフィンテック専門家である著者の予測では、9割の地銀が再編の波に飲まれ、メガバンクも大激変は不可避だという。金利に差がつかず、預金の魅力が薄くなったことで、ある銀行は打つ手なく預金を流出させていく。その一方で、ある銀行はフィンテックや提携により口座の使い勝手をよくして預金をつなぎとめる。このように、「どこに預けても同じ」という時代は終わりを告げる。まさにテクノロジーが「口座格差」を広げ、異業種も含めて、われわれの預金を巡る「大戦争」が始まろうとしているのだ。たとえば、最近の金融関連のニュースで次のようなものがあった。・三菱東京UFJ銀行が仮想通貨「MUFGコイン」の発行を計画・三井住友とりそなが、系列の関西3地銀を経営統合・アップルがApple Pay、LINEがLINE Payを導入・米国スターバックスのポイント会員が1200万人を突破これらの一見バラバラなニュースは、本書で提示する「未来の銀行の4つの姿」を通じて、大きな流れのもとに読み解ける。フィンテックで銀行が激変せざるを得ない時代。エレクトロニクスやテクノロジーに精通する著者が鋭く予測する「銀行の未来」に、ぜひ触れてほしい。
続きはコチラ



銀行はこれからどうなるのか無料試し読みはコチラから♪
▼▼▼▼▼▼▼▼


表紙クリックするとサンプル見れるよ♪


銀行はこれからどうなるのか詳細はコチラから



銀行はこれからどうなるのか


>>>銀行はこれからどうなるのかの購入はこちら<<<

BookLive「ブックライブ」銀行はこれからどうなるのかの料金


BookLive「ブックライブ」は月額制ではなくて、購入する銀行はこれからどうなるのかを購入する際にお支払する方式になってます。
BookLive「ブックライブ」は銀行はこれからどうなるのかを購入する際には豊富な決済方法を準備しています
クレジットカード、携帯キャリア決済、Tポイント決済、電子マネー、プリペイドカード、BookLive!ポイントなどを利用して銀行はこれからどうなるのかを購入して読むことが可能です
BookLive「ブックライブ」銀行はこれからどうなるのかの購入価格は税込で「972円」になります。


BookLive「ブックライブ」関連YOUTUBE




購入後に「思ったよりもつまらなく感じた」となっても、書籍は返せないのです。だけども電子書籍なら試し読みが可能なので、こういった状況を防ぐことができるというわけです。
漫画を手に入れる前には、BookLive「銀行はこれからどうなるのか」で触りだけ試し読みするべきです。物語の展開や主要登場人物の見た目などを、DLする前に見ておくことができます。
その他のサービスを凌いで、ここ最近無料電子書籍というものが広まっている理由としましては、町にある書店が減少し続けているということが考えられます。
電子書籍は買いやすく、あれよあれよという間に利用料が高くなっているということがあるようです。けれども読み放題でしたら月額料が一定なので、どんなに読んだとしても支払額が高額になる心配は無用です。
BookLive「銀行はこれからどうなるのか」の販売促進戦略として、試し読みが可能というサービスは素晴らしいアイデアだと言えます。時間を気にすることなく大雑把なあらすじを閲覧することができるので、わずかな時間を有効に使用して漫画をセレクトできます。





銀行はこれからどうなるのか情報概要

                    
作品名 銀行はこれからどうなるのか
銀行はこれからどうなるのかジャンル 本・雑誌・コミック
銀行はこれからどうなるのか詳細 銀行はこれからどうなるのか(コチラクリック)
銀行はこれからどうなるのか価格(税込) 972円
獲得Tポイント 銀行はこれからどうなるのか(コチラクリック)


ページの先頭へ